2021.3.20
新しいおうちが見つかりました!

2021.1.29
無事に退院することができました。

2021.1.21
沢山の方のご支援のおかげで、チューバに手術を受けさせてあげることができました!
ありがとうございました。

💛の中には、ご支援頂いた方のイニシャルを記載させていただきました。
全部で296個の💛が、こんなに大きな💛になり、チューバを助けてくれました。


2021.1.21

15時~5時間弱の手術が無事に終わりました。

術後の意識が覚めたチューバと面会することも

出来ました。


合併症などさまざまな術後の急変のリスクも

ありますが、無事に手術が終わりましたことを

ご報告させて頂きます。




2021.1.22

翌日には、自分の足で立ち、ペーストのご飯を少し舐めれてるみたいでした。

2021.1.24

入院部屋ではなく、別室で初めての面会です!

やっと抱っこしてあげることができました。

抱っこすると甘えモードのチューバになり、

下に降ろすとしっかり自分の足で歩きました。


2021.1.26

いつものチューバスマイルが見れました!

順調に回復しているみたいで、あと数日の検査で

問題が無ければ、週末には退院かもしれません。



2021.1.29

無事に退院いたしました。

【投薬】

 ①抗生剤 ②心臓の薬2種類 ③血栓の薬


【今後の経過】

1週間後  検査・抜糸

      問題なし⇒抗生剤・心臓1種類の薬終了

1カ月後  問題なし⇒心臓の薬終了

3カ月後  問題なし⇒血栓の薬終了

となっております。


保健所より引出しをしたチューバくんですが、メディカルチェックの結果『僧帽弁閉鎖不全症』という

重度の心臓病だとわかりました。

今は、興奮させない!安静が必要!と制限のある生活を送っています。

そんなチューバくんは、人が大好きでいつも笑顔でニコニコと元気をくれます。

まだ8歳のチューバくんの犬生は、まだまだ折り返し地点なんです。

今からでも元気な体になって、思う存分自由にさせてあげたい!

幸せになれるチャンスを与えてあげたい!

そのためには
手術が必要で、手術費用が150万円ほど必要なんです。

先の見えない金額にはなるのですが、何も努力せずに諦めることはできないので『チューバ基金』をつくり

多くの方にご支援を頂きたいと思っております。

ぜひ、チューバに明るい未来を与えてください!よろしくお願いいたします!!

●チューバ基金の使用用途について

現在は、かかりつけ医にて診察を受けていますが、手術は紹介状を書いて頂き、近畿動物医療研修センターでの

手術となります。

(かかりつけ病院:あおぞら動物医療センター  手術病院:近畿動物医療研修センター附属動物病院)


また、使用後の残高につきましては、チューバと同じ『僧帽弁閉鎖不全症』で苦しんでいる保護犬へ

寄付させていただき、当団体の活動費としては使用いたしません。

現状で考えたくないことですが、チューバに万が一のことがあった場合、ご支援の募集は即中止し、

それまでに頂いたご支援につきましては、上記同様に、全額 チューバと同じ『僧帽弁閉鎖不全症』で

苦しんでいる保護犬へ寄付させていただき、当団体の活動費としては使用いたしません。


通常の収支報告とは別に、こちらのページで『チューバ基金』の収支報告をさせていただきます。

R2.12.25
近畿動物医療研修センター附属動物病院
(43,780円)

・重症度MAX(肺水腫でないのが奇跡的)

・このままでは余命8カ月

・直近で急変してもおかしくない

・手術成功率90%(どの手術でもリスクはあります)

・この先生が手術した子は術後1~2カ月で元気に

 なっている

・重症度が高いため、手術は最短で2月中

 (通常は3カ月ほど待ち)

・利尿剤を増やす必要あり

・投薬を2週間増量し、1月初旬に再診察

 (この時点で手術日確定予定)

R2.12.25 12.26
あおぞら動物医療センター
(4,920円)(1,230円)

  •  増量分の内服薬を購入
  • ※薬の調整が発生したため明細書が2枚になっています。

R3.1.5
近畿動物医療研修センター附属動物病院
(17,380円)

・軽度の肺水腫になってきている

・心臓エコーも前回より悪くなっている

・腎臓は問題なし

・利尿剤をさらに増やして、血圧をコントロール

R3.1.5

あおぞら動物医療センター
(7,090円)

増量分の内服薬購入

R3.1.16
近畿動物医療研修センター附属動物病院
(41,800円)


・2月の手術まで持たないレベルになっている。

・利尿剤を増量したのに効果がでていない。

・来週木曜日(1/21)の手術が空いた。

 現状で待機している子のなかでも一番危険な状態。


上記の診断結果により、急遽1/21(木)に

手術を行うことになりました。

R3.1.16
あおぞら動物医療センター
(1930円)

増量分の内服薬購入

R3.1.20
近畿動物医療研修センター附属動物病院

(800,000円)

手術費用内金をお支払いさせて頂きました。

R3.1.29

近畿動物医療研修センター附属動物病院
(413,300円)

手術・入院費用残金をお支払いさせて頂きました。

R3.2.5
近畿動物医療研修センター附属動物病院
(39,703円)

再診察費用をお支払いさせて頂きました。

2021.2.12
近畿動物医療研修センター附属動物病院
(16,533円)

再診察費用をお支払いさせて頂きました。



1月7日でチューバ基金のご支援を締め切らせて頂きました!
沢山のご支援ありがとうございます。